© 2019 東京藝術大学COI 拠点文化外交・アートビジネスグループ 伊東順二 Junji Ito  |  NTT都市開発株式会社 

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • Twitter Clean
  • Facebook Clean
  • ホワイトYouTubeのアイコン

 企画展示 

【第1期企画】

バベルの謎
​–アートデータサイエンスの創造​–

2019/4/4(木) - 2019/6/28(金)

第1弾の体験として、4月4日(木)からは「バベルの謎-アートデータサイエンスの創造-」と題し、ピーテル・ブリューゲルの名画「バベルの塔」の謎をインターネットを駆使して迫ります。東京藝術大学COI拠点で制作された「バベルの塔」の3D映像「Study of BABEL」を螺旋状の空間に投影。「バベルの塔」に集結されている人類の智慧を視覚化し、世界有数の名画にまつわる情報の海を泳ぐような芸術の奥深い一面を味わえる空間体験をお楽しみいただけます。

【第2期企画】

クリエイティヴ・レガシー
​–創造する伝統​–

2019/7/8(月) - 2019/9/27(金)

第2弾の体験として、7月8日(木)からは「クリエイティヴ・レガシー -創造する伝統-」と題し、生け花と日本舞踊に構造改革と新しい形をもたらそうとする二人のアーテイストとともに建築家隈研吾の革新的茶席システムを加え、持続可能な伝統創造という問題に取り組むことにした。 様々な分野に飛び火し、融合する鮮烈な創造の世界、 私たちが目指すベき継承の未来を、アートの実験空間の中でお楽しみいただけます。

 
 

準備中...

art.0
​–芸術と都市の誕生​–

2019/10/15 (火) - 2019/12/20 (金)

第3弾の体験として、10月15日(火)からは「バベルの謎」、「クリエイティブレガシー」に続く都市と芸術の企画ファイナルとして、「art.0 -芸術と都市の誕生-」と題し、東京で最も新しい都市、大手町プレイスから生まれる文化、芸術の誕生の瞬間を披露する。何万年もの間、人は囲まれる自然の中にあたかも自らの印をつけるようにまちを作り続けている。毎日の営みに形を作り、そしてそこにコミュニケーションが生まれ文化が生まれる。0次元から日々生まれていく表現を過去に残された都市の遺跡と結びながら、芸術と都市が残そうとする未来をここに生きる人々と考えたい。 

【第3期企画】